★出張理美容

美容には “なんらかの力がある。”

更新日:

【いつも、いままでも、ずっときれいにしていた母の髪を染めてほしい】

今月から認知症病棟にお世話になっているというお母様とご一緒に。「外出先に。」とご予約くださった娘さんがお母様とみえました

椅子に座ってにっこり。

今日はとても機嫌がいいそう。

カットの途中で
あちこちが気になってきて
立ちあがり、歩きだします

娘さんは
わたしたちに
「ごめんなさい」と気づかい、
でもゆっくりお母様に付き合います

違う椅子に座ってみて、またカットを。

途中でトイレへ行ってみて
またカットを。

カラーを塗り

カフェテーブルへ移動して
みんなでお茶とシフォンケーキをいただきました

「ふわふわ。♪」と、にっこり。

シャンプーも緊張したようすで
頭が何度も持ち上がりましたが
気持ちいい顔をしてくれました

お顔そりをしているときに
うっとり。

泡を乗せたり
蒸しタオルを乗せたり
ゆっくり顔の表面を滑らすかみそりにも
うっとり。。

最後は帰りたくなくなってしまうような感じになってくださいました(’-’*)

あらためて、美容には
“なんらかの力がある。”

感じました

写真は二部式のふだん着に気軽に着れそうな
お着物。

お色違いでアイボリーもあります

お母様がまた娘さんとみえたときに
着てもらえたら嬉しいです

  • この記事を書いた人
長岡 行子

長岡 行子

北海道浦幌町出身 釧路ヘアメイク(現:道東ヘアメイク)専門学校卒 美容師、管理美容師、訪問美容師、ハートフル美容師、心理療法士、職業訓練指導員 小学5年から23歳までの5人の母親。出張理美容サービスVESS(帯広市)を1998年に立ち上げ、高齢者施設や障害などを持ち外出が困難な人を対象とした出張理美容や店舗でもサービスを提供する。

-★出張理美容
-

Copyright© 出張理美容サービスVESS(ベス) , 2019 All Rights Reserved.